スマトラサイ、絶滅していなかった

世界自然保護基金は、インドネシア・カリマンタン島で、環境保護活動家が野生のスマトラサイと接触したと発表した。
絶滅の危機にあったスマトラサイが発見されたのは実に40年ぶり。世界自然保護基金は「環境保護活動の大きな成功」だとしている。
代表によると、発見されたスマトラサイは、東カリマンタン州にある鉱山とプランテーション近くの落とし穴に転落していた。推定年齢は6歳で、雌。これから島の安全な生息地にヘリコプターで空輸させるそうだ。
発見場所のカリマンタン島では、スマトラサイは絶滅したと考えられていたが、3年前にカメラにスマトラサイが写り、生存していることが明らかになったという。
姿を確認し、実物を見つけるまでにも長い年月がかかっている。これからは絶滅しないよう、保護して存続していかなければならない。

つんく、「筆談」で徹子の部屋

音楽プロデューサーのつんく♂が、テレビ朝日系「徹子の部屋」に11年ぶりに出演することがわかりました。
昨年に喉頭がんの治療で声帯を摘出したつんく♂は、パソコンを使った筆談で黒柳徹子とトークを繰り広げます。
「今が幸せという言葉が100%正しいというわけではない」という正直な胸の内を明かしながらも、「人生やりがいがあるなと思っています」と、前向きに生きる姿を見せる。
つんく♂の出演の回は、3月21日に放送されます。
命を取るか、声を取るか…つんく♂が選択を迫られたのは2014年の秋のこと。
歌手でもあるつんく♂にとって、声は大切な商売道具でもあり、失う痛手は想像を絶します。
それでもつんく♂は、「生きる道」を選択しました。
昨年4月に母校、近畿大学の入学式に出席し、声を失ったことを公表した衝撃は、記憶に新しいことです。
以後、少しずつではあるものの音楽活動を再開し、今回の出演に至った。