手の甲が画面に?

皮膚に貼れる極薄の有機ELディスプレーを、東京大の研究グループが開発したそうだ。センサーとつなぎ、脈拍数などを手の甲に表示することもできるという。成果は15日付の米科学誌サイエンス・アドバンシズに発表されたとのこと。
ディスプレーは厚さ3マイクロメートルほどで、人の表皮の1割ほどの薄さだという。くしゃくしゃに曲げられ、手の甲などの曲面に貼れるそうだ。作業現場でマニュアルを表示させるなど、幅広い応用が考えられる。
有機ELは発光部の劣化を防ぐのにガラスなどで覆う必要があり、やわらかいものを創るのが難しかったそうだ。グループは高分子やガラスに似た材料を重ね、水分や酸素を通しにくい2マイクロメートル以下の保護膜を作ることに成功したとのこと。
東京大の染谷隆夫教授は「数字やアルファベットなどを表示するディスプレーを、数年後に実用化したい。画面と電池やセンサーをつなぐ配線技術の改善も今後の課題だ」と話しているという。
自分の手の甲が画面になるというのは画期的だ。