希少ハチが校庭に営巣

絶滅の恐れがあるとされるニッポンハナダカバチが、三重県名張市内の小学校の砂場に穴を掘って営巣しているのが見つかったそうだ。野生動植物を調査する県の担当者は「校庭に作った例は聞いたことがない」と驚いているという。攻撃性がないハチのため、学校は観察会を開いたり、砂場の使用を控えたりして見守っているとのこと。
砂地に前脚で直径1センチ前後の穴を掘って巣を作るのが特徴。寿命は約1か月と短く、6~7月にかけて巣の周辺を飛び交うなどの繁殖行動が見られるそうだ。近年、繁殖地の減少などから絶滅が危惧される昆虫の一種としてレッドデータブックに記載されており、環境省は絶滅危惧2種、県は1ランク上の絶滅危惧1B類に指定しているとのこと。
営巣しているのは同市薦生の私立薦原小学校。3年前に児童が巣を発見し、通報を受けた地元の環境団体「伊賀自然の会」が調査し、ニッポンハナダカバチだと判明したそうだ。谷戸実校長は「珍しいハチとは知らず、駆除するところだった」と振り返る。
メスには針があるが、攻撃性がないことからそのまま見守っていたところ、その後も毎年営巣を続けているという。砂場は体育の授業で使用しているが、営巣の期間は穴を壊さないように保護しているそうだ。
児童も「安全なハチ」と認識しており、怖がる様子はないという。同校は学習に活かそうと今月14日に観察会を実施。4年生が約60個の巣穴と約30匹のハチを確認したとのこと。
伊丹市昆虫館の野本康太学芸員は「繁殖時期が短いため、穴を発見してもハチの巣だとわかる人は少ないかも」と指摘。名張市では住宅地でも目撃されており、「生活環境の変化や自然災害などで砂地が減少し、移動せざるを得なくなったのではないか」と分析しているという。
珍しいハチだと分からずに駆除されてしまわなくて本当によかった。小学校で発見されたということも、子どもたちの勉強にもなってお互いにプラスになってよさそうだ。

「置き去り」の男の子、増員しても見つからず

北海道の山林沿いに置き去りにされた小学2年生、7歳の田野岡大和君がまだ見つからない。すでに行方不明になってから6日目となった。
昨日は、朝から自衛隊を含め増員して捜索にあたったが未だ見つからないという。夜間は捜索が打ち切られるため今日も朝からの捜索となった。
陸上自衛隊は急斜面や崖などこれまで立ち入っていなかった場所を中心に捜索。さらにオートバイを使い駒ケ岳中腹にかけての林道も広く捜索した。消防や警察、地元市町村の職員も前日より範囲を広げて捜索にあたった
自衛隊員は、「木々が生い茂って進むのも大変だ。かなり時間がかかる」としながら、GPSを持って「『捜索漏れ』の場所がないよう横一列になり、枝を押しのけるようにして進んだ」としている。
捜索開始からは丸4日たち、南渡島消防本部の斉藤聡総務課長は「大和君を発見するまでは頑張って捜索を続けたい」と話した。
手がかりも一切ない山で、懸命な捜索が続く。ネットでは、「本当に置き去りにしたのか」という疑問の声も上がる。たしかにこうも見つからないと他の可能性も出てきそうなものだ。

細田守監督「バケモノの子」、今夏テレビで初放送

細田守監督の映画「バケモノの子」がテレビで初放送されます。金曜ロードSHOW!で今年の夏放送の予定とのことです。
同作は、昨年7月に公開されました。
人間界の「渋谷」とバケモノ界の「渋天街(じゅうてんがい)」を舞台に、ひとりぼっちの少年とひとりぼっちのバケモノが出会うストーリーです。
バケモノ役を役所広司さん、その弟子の「九太(きゅうた)」の少年期を宮崎あおいさん、青年期を染谷将太さんが演じました。
また、細田監督のスタジオ地図は、同作のテレビ初放送を記念し、「今年もまたあの夏がやってくる」をキャッチコピーにイベント「スタジオ地図2016 in Summer」を開催します。
劇場公開から、10年となる「時をかける少女」のアニバーサリー企画と、細田監督作品関連イベントを実施するとのことです。