世界最古のドレス、5千年前のものと判明

20世紀の初めにエジプトのある墓地で見つかった麻のドレスが、新たな分析によって5000年以上前のものであることが分かったそうです。織物の衣服としては、これまで見つかった中で最古のものとのこと。縫い方もプリーツの付け方も美しく、当時の社会の繁栄を物語っているそうです。
「タルカン・ドレス」と呼ばれるこのドレスが発見されたのは奇跡と言っていいほどだとか。植物の繊維や動物の皮で作られた古代の衣料は、ほとんどが崩れてばらばらになってしまうからだそうです。今回、ドレスの年代を発表した論文著者の1人で、英国ピートリー・エジプト考古学博物館の学芸員、アリス・スティーブンソン氏は、「一般的に、遺跡から出土する織物に、2000年以上前のものはまずありません」と話しているそう。
このドレスと近い年代のもので現代まで残っている衣服は数えるほどしかなく、それも単に体に巻き付けたり、体を緩やかに覆ったりするものばかりだそうです。このタルカン・ドレスは古代のオートクチュールと言えます。腕にピッタリ添う袖とVネックの首元、幾重もの細かいプリーツがあしらわれたデザインは現代に通じるものがあり、もし百貨店に売られていても違和感がないほどです。
これほど細部まで手の込んだドレスは専門の職人でなければ作れなかったはずです。そうした職人が存在したということは、既に豊かで階層化の進んだ社会ができていたと考えられます。事実、5000年前のエジプトにはちょうど1人の支配者の下に初めて統一された王朝が登場していたそうです。
肘や両脇にあるしわからは、このドレスが単に儀式のために作られたのではなく、実際に着用されていたことがうかがえます。こんなドレスを着られたのは、上流階級の人々だけだったでしょう。ドレスとほぼ同年代の墓石には、よく似たローブを着た人々が描かれているそうです。また、死後の世界に携えていくものの一覧を著したヒエログリフには、食物や化粧品とともに、衣装をあらわす文字も含まれているそうです。
今回のタルカン・ドレスは、放射性炭素年代測定によって「最も古い織物の衣服」であることが正式に証明されたそうです。5000年も前にこれだけのオートクチュールの技術があったとは、素晴らしいですね。