希少ハチが校庭に営巣

絶滅の恐れがあるとされるニッポンハナダカバチが、三重県名張市内の小学校の砂場に穴を掘って営巣しているのが見つかったそうだ。野生動植物を調査する県の担当者は「校庭に作った例は聞いたことがない」と驚いているという。攻撃性がないハチのため、学校は観察会を開いたり、砂場の使用を控えたりして見守っているとのこと。
砂地に前脚で直径1センチ前後の穴を掘って巣を作るのが特徴。寿命は約1か月と短く、6~7月にかけて巣の周辺を飛び交うなどの繁殖行動が見られるそうだ。近年、繁殖地の減少などから絶滅が危惧される昆虫の一種としてレッドデータブックに記載されており、環境省は絶滅危惧2種、県は1ランク上の絶滅危惧1B類に指定しているとのこと。
営巣しているのは同市薦生の私立薦原小学校。3年前に児童が巣を発見し、通報を受けた地元の環境団体「伊賀自然の会」が調査し、ニッポンハナダカバチだと判明したそうだ。谷戸実校長は「珍しいハチとは知らず、駆除するところだった」と振り返る。
メスには針があるが、攻撃性がないことからそのまま見守っていたところ、その後も毎年営巣を続けているという。砂場は体育の授業で使用しているが、営巣の期間は穴を壊さないように保護しているそうだ。
児童も「安全なハチ」と認識しており、怖がる様子はないという。同校は学習に活かそうと今月14日に観察会を実施。4年生が約60個の巣穴と約30匹のハチを確認したとのこと。
伊丹市昆虫館の野本康太学芸員は「繁殖時期が短いため、穴を発見してもハチの巣だとわかる人は少ないかも」と指摘。名張市では住宅地でも目撃されており、「生活環境の変化や自然災害などで砂地が減少し、移動せざるを得なくなったのではないか」と分析しているという。
珍しいハチだと分からずに駆除されてしまわなくて本当によかった。小学校で発見されたということも、子どもたちの勉強にもなってお互いにプラスになってよさそうだ。