マスクは顔の魅力を隠す?

白いマスクをつけると、顔の魅力が下がる。そんな調査結果を北大大学院文学研究科の河原純一郎特任准教授らがまとめたそうです。マスクなしとありの顔写真を別人に見せ、印象度を点数化して比較したそうです。マスクをめぐっては近年、風邪の予防や花粉対策という本来の用途ではなく、化粧いらずの「伊達マスク」が若い女性を中心に人気となっています。
マスクの有無の調査では、女性の顔写真の平均点が、なし49.1点、あり44.7点となったそうです。男性はなし41.7点、あり39.0点で、男女ともにマスク無しの方が高い評価だったとのこと。
河原特任准教授は「顔を隠すことで見た目に影響が出るだけでなく、『病気』『不健康』といった白いマスクの一般的な印象が魅力の低下を招いた」と分析。マスクは顔の情報量を減らすため、美しい肌や唇など本来持っている魅力的な特徴が多いほど好感度を下げるほか、白いマスクの負のイメージが魅力をさらに減退させているようです。
一方、日用品に関する情報を提供するプラネットが昨年12月、男女約4千人に行ったインターネット調査では、20代女性の44.9%、30代女性の31.3%が「伊達マスクをしている」と回答。「化粧をしていなくても気にならない」と言った理由が多く、「目元が強調できる」などファッション感覚の人もいたそうです。
目元を強調して、自分の欠点を隠すことで「美人」に見えると評判の伊達マスク。でも、実際には目元以外の魅力が隠れてしまうので逆効果ということでしょうか。

ダイエットサプリで女性入院

千葉県の病院で、「ホスピタルダイエット」というダイエットサプリを服用した20代の女性が、意識が定まらない、手足が震えるなどして入院した。
このホスピタルダイエットは無承認・無許可の医薬品だったという。
調査した県薬務課によれば、女性は昨年11月に錠剤など計8種類のダイエットサプリをタイから個人輸入したとみられる。服用した錠剤は、医薬品承認されている成分、また、国内の医薬品によく似た成分で作られていた。ホスピタルダイエットは、これまで国内で複数の健康被害報告があげられており、中には死亡事例もあるという。
県薬務課は、「服用している人は直ちに中止し、健康被害が疑われる場合は医療機関を受診すると同時に保健所に連絡してほしい」と注意を促した。
死亡事故が起こっているほどのサプリなら、すぐに怪しいと分かりそうなものだが・・・。

黒い新幹線、4月29日から運行開始

JR東日本が2月18日に、「現美新幹線(GENBI SHINKANSEN)」の運行について発表しました。この「現美新幹線」は、外装デザインを写真家で映画監督の蜷川実花さんが、車内のデザインを「絵画」の松本尚さん、「立体」の荒神明香さんといったアーティストたちが担当した「現代アート」の新幹線です。JR西日本によると、”世界最速の芸術鑑賞”を楽しめるとのこと。
運航開始は4月29日で、6月末までの土日とゴールデンウィーク期間に走行。7月以降については決まり次第案内される予定とのことです。
「現美新幹線」は、かつて秋田新幹線で使用されていたE3系電車を使用。6両編成で11号車の指定席は一般発売の切符で乗車可能だそうです。
12号車から16号車までは”旅行商品”としての発売するそうです。旅行商品は首都圏発着の日帰りコース、宿泊コースなども用意されるという。
カフェスペースになっている13号車では、菓子研究家のいがらしろみさんが監修した「十日市すこやかファクトリー」のスイーツ、「ツバメコーヒー」こだわりのコーヒーやアルコールなどを提供予定とのこと。JR東日本は「車内の現代アートとともにぜひお楽しみください」としているそうです。
単なる移動手段ではなく、”乗ること”自体が目的となる新幹線というのは面白いですね。

うるう年の損得

今年は2月29日があるうるう年。
日本気象協会によると、地球の公転にかかる日数は365日とされているが、厳密にはおよそ365.242日なので4年に1度366日にしてズレを調整する年がうるう年なのだそうだ。
ちなみに去年は地球の自転のズレを調整するための、うるう秒があった。
うるう年は、クレジットカードなどのシステムで問題がおこる可能性がある。
三井住友カードは2016年2月有効期限のクレジットカードは、期限最終日29日は取引できなくなるとしてホームページなどで告知を出した。
前回のうるう年では、シャープのBDレコーダーで日付を読み込まず録画や視聴の予約ができない不具合が発生していたが、ソフトウェアのうるう年のバグが原因だったとされる。
マイクロソフトの技術者マット・ジョンソン氏は、「うるう年関連のバグはいたるところで見かける」として注意をよびかけ、通常365日のところ、366日目となる12月31日も注意するよう呼びかけた。
一方、29日の「にくの日」にちなんで、肉料理専門店が大々的にセールを開催するなど利点もある。
ネットでは2月が1日長いにも関わらず給与が変わらないことから「2月29日を祝日にしてほしい」という声あがっている。
今年のうるう年はなにか起こるだろうか。再来週が楽しみだ。

NYコレクションに着物初出展

2016~17年秋冬ニューヨークコレクションで16日、着物ブランド「ヒロミ・アサイ&きものアルチザン京都」がショーを行いました。着物ブランドの公式参加は初めてとのこと。
花や扇柄など色鮮やかな京友禅や京鹿の子絞の着物を西陣織の帯と合わせており、約30点を披露し、喝さいを浴びたそうです。米国のファッションブロガーの女性は「欧米の装いにはない独特な色に惹かれた」と評価。同ブランドのプロデューサー浅井広海さんは「文化や民族という枠を超え着物を楽しんでほしい」と話したそうです。
日本の伝統衣装を世界的なコレクションで発表できるというのは素晴らしいことですね。

http://www.chinacomplaint.com/